FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

今日は母の通院日で、

温熱療法13:00~
CT検査15:00~
診察16:30~

ということで、
朝10:30に家を得て
帰ってきたのは18:00。

父のデイサービスのお迎えは
叔母夫婦にお願いしました。


母の嚥下機能の方は
退院当時よりかなり改善して
やわらかく煮れば、
大抵のものは食べれるように
なってきたのですが、

まだ、喉の右側が詰まりやすい
と言っていたので
ガンが残っているのだろう
と思っていました。

今日のCT検査で
それがハッキリすると思って
気が重かったのですが、、、

結果は、、、

なんと、

「治ってますよ

 食道やリンパもキレイです」

とのこと。

え~~~!!
ホントですか?!?!?

と半信半疑でしたが、

以前のCT画像と比較して見せてくれて
大きく腫瘍があった部分は
確かに何もなくなっていました。

スゴイ。。。


詰まりやすいのは、
放射線の影響でまだ腫れているのかも
しれませんね

とのことでした。

大体、母は、いい加減な人なので
リハビリも真面目にやってないしーー;


何はともあれ、
これで、ひと段落つきました。


今まで、母のことがいつも気がかりで、
また急に悪化して再入院したり、、
果たして年内無事に過ごせるのか?
など思ってしまうと

何をやるにも、今一つ
集中できない状態が
ずっと続いていたのですが

これからは、余計なことは考えず
自分のこともしっかりやっていきたい
と思っています。



皆さんも、もし、ご自身やご家族が
ドクターから最悪のことを言われても、

「奇跡は、いくらでも起こる!」

ということを忘れずに、

希望を持って
前向きに生きてくださいね!


母が入院してからの3ヶ月というもの、
人生の中で最大級にシンドイ毎日でしたが、
退院してホッとして、気が緩んだというか
疲れが出たというか、、、
燃え尽き症候群という感じで、
何もやる気にならない状態になっていました。

それで、自分へのご褒美と誕生日の前祝を兼ねて
札幌へ行って息抜きをしてきました(*^^*)

お決まりの北大病院美容室でカットをして、
大丸8階のミア・アンジェラでランチ♪

ミア・アンジェラは、5月に友達と3人で行って
その時は、まだイレウス手術後2ヶ月だったので
不安な気持ちもあり全部食べれなくて
残念だったので、今回はリベンジ!

あまり時間がなかったので友人は誘わずに、
一人で行きました♪

メニューは前回と同じ
「イタリアと北海道のチーズを使った茄子のトマトソース」
を食べるつもりだったんだけど、、、

平日限定レディースランチが、
~~~~
・サラダ
・前菜2品
・スープ
・フォカッチャ
・本日のパスタ
・ドルチェ(デザート)
・ドリンク
~~~~
で、単品とほぼ同じ値段で
とっても魅力的だったので予定変更♪


*サラダ・前菜・スープ・フォカッチャ*
181009_01.jpg

イレウス手術前は絶対食べなかった固い生野菜や、
スープに入っていたコーンの粒も思い切って食べました。
フォカッチャとはイタリアのパンですが、
ハーブがきいていてとっても美味しかったぁ☆


*本日のパスタ*
スモークサーモンときのこと大葉のペペロンチーノ
181009_02.jpg

こちらも、手術前は絶対に食べないようにしていた
きのこ(シメジ、エリンギ、マイタケ)を
思い切って食べちゃいました。

麺もけっこう固いアルデンテ、、
そういえば麺類は注意するように言われてたんだった。

よく噛んでゆっくり食べる。。。


*デザート*
パンプキンのティラミス
181009_03.jpg

これまた、絶対に食べなかった固いかぼちゃのタネを
バリバリ噛んで食べました!

すごい。。。


イレウスの手術前は、豆腐が主食で、
繊維物は避けていたので、
食べれるものが限られていたし、

ちょっとでも食べ過ぎると、
すぐに詰まりそうなり具合が悪くなったので
外食しようという気持ちにもなかったのに、、、


今回は、数年ぶりに、
なんという大胆な
お一人様ランチなんでしょう~☆(笑)

すべて完食しましたが、
食後に具合が悪くなることもなく、
満ち足りた気持ちで帰路につきました(*^^*)


そして、気分転換したおかげで、
モヤモヤしていた気持ちがスッキリとして
またやる気が湧いてきました♪


お友達とのランチもいいけど
お一人様ランチもクセになりそう、、

また、時々食べに行こうっと♪

手術して、本当に良かった~~~


美味しいものを食べれるって
最高に幸せですね☆



▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ


下咽頭ガンの手術から約2カ月後、
放射線治療35回を終了した日に
母は退院しました。

退院した日の昼食
180930_01.jpg
軟飯と粗いきざみのおかずです


外泊してきた最初の頃は、
柔らかく煮た野菜もすべて
みじん切り器で細かくしていました。

180930_03.jpg

手でみじん切りすると
時間ばかりかかってしまうので
みじん切り器はかなり重宝します。

180930_02.jpg

最初は小さいサイズを購入しましたが
半分程度しか入れれないので

離乳食なんかには良いけれど
たくさんみじん切りして
冷凍保存しておきたいときは
もう一回り大きいサイズの方が良いです。

下ごしらえだけじゃなくて
これ一台で料理もできるので
その場合は、もっと大きいサイズも欲しいな。



微妙に類似品が多くて迷いました^^;



アマゾンのレビューに
蓋が汚れないためにラップを使うと良い
とあったので、やってみましたが、
やぶれてダメでした。

180930_04.jpg

180930_05.jpg

180930_06.jpg

薄手の伸びるラップならOKかもです。


でも3か所あるビスに汚れが詰まりそうなので
透明のガムテープを小さく切って貼りました。

180930_07.jpg



それと、葉物野菜をみじん切りするときは
ちょっとしたコツがいります。

葉っぱが周りにくっつくので、
上下に振ったり、途中で混ぜたり、
少しずつ追加しながらぶんぶんすると
均等に切れていい感じになりました。


ネギは涙が出ないので助かります
180930_12.jpg

こちらはキャベツ
180930_13.jpg



椎茸は、少し天日干しして
乾燥気味にすると切りやすいし
栄養価もあがるのでいいみたい。

180930_08.jpg

180930_09.jpg

さすがにこれだと大きすぎ。
無理に引っ張ると壊れそうなので
少し小さくしてやり直し。

180930_10.jpg

180930_11.jpg

シイタケは美味しいし
免疫力アップに良さそうなので、
わたしも好きなんだけど

シイタケ炒めを食べて
イレウスになったことがあるので
ずっと食べないようにしていましたが、

これだけ細かくみじん切りすれば
母だけじゃなくて
わたしも食べれるので嬉しいです☆



みじん切りした野菜たちは、
小分けにラップして冷凍保存しておけば
調理するとき、とっても楽です♪

180930_14.jpg
しょうが、長ネギ
シイタケ、ニンジン

180930_15.jpg
ほうれん草、キャベツ


つみれなんかも、
その都度みじん切りしなくても
簡単に作れちゃうので助かります☆

180930_16.jpg

鶏肉のつみれ、とか
今人気のサバのつみれなども
多めに作っては冷凍しまくりです。



冷凍庫に電子レンジ、
みじん切り器に裏ごし器、
ハンドブレンダー、、

色んな便利なものがあって
ホントに助かります(*^^*)



お陰様で母は無事に退院し、
少しずつきざみなしの食事も
食べれるようになってきました。

良くなってると言われても
正直言って、半信半疑の部分もあり
一時的に退院できるだけなのか?
それとも、本当に良くなっているのか?
その辺のところが不明だったのですが、、

退院前の主治医からの説明で
本当に良くなっているということがわかりました。

手術前の画像
180929_01.jpg
上の白いのが下咽頭ガンで
男性の親指の先ほどの大きさでした。

現在の画像
診察室で見せてもらった画像では
このように非常にきれいな状態でした。
180929_03.jpg

癌があった上(後ろ)の部分が
すっかりきれいになりました。


それで、更に先生に、
「下(食道ガン)もいいんでしょうか?」
と気になっていたことを聞きましたが、
「はい、いいですね。
まだ完治とはいきませんが、
なくなると思いますよ。」

と、当初の話とはまるっきり逆の
とても希望的なお話でした!

先生は
「もう歳も歳だし、食べれるようになるかな~
と、最初は思っていたんですよ~」
とおっしゃっていましたが、
予想外に良い結果となったようです。



放射線科の先生も、
母が「どこもまったく痛くないです」
と言ったところ、
不思議そうに首をかしげて
「うーん。。。」
とつぶやいていたそうです。

トモセラピーがいくら副作用が少ないと言っても
向かいのベッドの患者さんなんかは
10回目あたりから皮膚がただれて痛そうでした。

母は30回目くらいになって
首が赤くなってきましたが痛みはなく、
35回目が終わる頃には、すでに
色素沈着になって皮がむけて
痒くなって治ってきていました。
まだ治療している最中なのに。



口腔外科も、
「記録に残しておきます」
と言われたほどに、全く以上なし。

通常なら、口内炎や味覚障害、
唾液がまったく出なくなったり、
声も出なくなったり、虫歯、、
などの症状が出るらしいですが、
全然なかったので、
「病院以外の薬飲んでるんですか?」
と聞かれたそうです。


先生には言いませんでしたが、
やったことは、
喉の奥には最初のうちは
生体ミネラル 希望の命水をスプレーをして、
後半は1日40ccほど飲んでいました。

喉の皮膚の方には、
生体ミネラル水を、『夢水肌』という
自然天然成分と肌水密度の”オーブス純水”で出来た
化粧水で約3倍に薄めたものを
こまめにスプレーするようにしていました。

そして、それらには、
DNA修復と癌細胞の消滅を促す波動、
身体の持つ潜在能力を高める波動
なども入れました。


それから、なんといっても
野菜スープのファイトケミカル効果が
高かったと思います。



退院後も、温熱療法(ハイパーサーミア)は
毎週続けてもらうことにしました。

温熱療法はまったく副作用はなく
目に見えないレベルのガンにも効果があり
再発予防にもなるし、
体温が上がって免疫力もアップし、
健康に良いので出来るだけ続けたいです。



それから、嚥下機能を高めるリハビリも続けます。
病院で習ったリハビリのメニューは下記です。
~~~~~
1.上を向いて舌出し10回  5セット
2.下を向いて舌出し10回  5セット
3.上を向いて舌を出したまま10~20秒キープ  5セット
4.下を向いて舌を出したまま10~20秒キープ  5セット
5.上を向いて口をイーの形にして10~20秒キープ  5セット
6.仰向けに寝て頭を上げて30秒キープ  2セット

7.顔を左右に向けて喉のストレッチ  5セット
8.顔を上下に向けて喉のストレッチ  5セット
9.首をぐるっと回す  左右5セット
~~~~~

リハビリの女の先生は、とても素敵な方で、
お肌もとっても綺麗で、なんと、先生も
野菜スープを飲んでいるとのことでした。

いつも食事の内容を見に来てくださって
栄養士さんや主治医と連携をとって
きめ細かいサポートをしてくださいました。



札幌まで行かなくても、
帯広でこれだけの治療を受けられたこと、

設備だけでなく、
先生方の技術力やお人柄も素晴らしく
スタッフの方達にもご親切にしていただき
北斗病院に入院して本当に良かったです。


すべての出会いと、お導きに感謝です!

ありがとうございました!





以前の記事で書いていた野菜スープですが、
母が下咽頭癌になったので、
ファイトケミカルを多く含む野菜を追加して、
自分なりに最強の野菜スープを作っています。

詳しく調べてみると、白菜やレタスなど、
あまり重要視していなかった白色野菜が
意外にもファイトケミカルを多く含んでいる
ということがわかりました。


ファイトケミカル食革命
https://www.azabu-iin.com/phyto/index.html

ファイトケミカルの本を執筆している麻布医院院長の高橋弘医師は
アメリカのハーバード大学医学部大学院で免疫栄養学を研究されました。

その高橋先生が考案したファイトケミカルスープは
「ハーバード大学式野菜スープ」とも呼ばれています。

高橋先生の著書『ガンにならない3つの食習慣』によると
白菜はガンにはとても優れた効果があるそうです。

白菜のような淡色野菜は、これまでニンジンやホウレン草といった
色の濃い緑黄色野菜と比べると、栄養価が低いと考えられてきました。

しかし、ファイトケミカルという新たな視点から見直してみると、
白菜はガンに対して優れた効果を発揮します。

白菜に含まれるファイトケミカル(グルコブラシシン)が素晴らしいのは、ガンにアポトーシス(エビ注・・細胞死のこと) を起こさせる作用が強いことです。





また、レタスは、
デザイナーフーズ株式会社調べによると、
免疫力ナンバー1の野菜だそうです。

レタスに含まれるフィトケミカルは、
白血球の働きを強め免疫力をサポートしてくれるので
積極的に取り入れたい野菜です。

ファイトケミカル数値一覧

モロヘイヤ 2,605
ブロッコリー 388
水菜 177
甘々娘(スイートコーン) 173
小松菜 170
ゴールドラッシュ(スイートコーン) 134
野沢菜 133
味来(スイートコーン) 131
ホウレンソウ 107
おひさまコーン 81
キタアカリ(ジャガイモ) 80
男爵(ジャガイモ) 61
デジマ(ジャガイモ) 55
メークイン(ジャガイモ) 52
トマト 43
大根(浅尾大根) 40
アンデスレッド(ジャガイモ) 31
ズッキーニ 28
きゅうり 23
白うり 19

DPPHラジカル消去活性(Trolox相当量:μmol/100g)
※山梨県工業技術センター研究報告NO.20(2006年)より




ということで、マヤ流野菜スープの材料です。

----------
*最強ファイトケミカルスープレシピ*

◆基本の4野菜

カボチャ
ニンジン 
玉ねぎ
キャベツ

◆追加したもの

ブロッコリー
ブロッコリースプラウト
レッドキャベツスプラウト
アスパラ

水菜
ほうれん草
小松菜
白菜
レタス

スイートコーン(冷凍)
ジャガイモ
トマト
パセリ
むき枝豆
干し椎茸

生体ミネラル水


◆冷めてから入れる

モロヘイヤ 粉末
クマザサパウダー
ケール青汁(ファンケル)
※抹茶などのカフェインが入っていない青汁

-----


スマホで写真撮りました♪

根菜類
180923_01.jpg
カボチャ、ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ

葉物野菜
180923_02.jpg
キャベツ、白菜、水菜、小松菜、ほうれん草、レタス

180923_03.jpg
庭で採れたてのトマトとパセリ

180923_04.jpg
ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、レッドキャベツスプラウト、
コーン、アスパラ、干し椎茸、むき枝豆、パセリなど
入れまくって、大きな鍋にいっぱいです

180923_05.jpg
葉物野菜から水がでるので
水はひたひたよりも少なめに入れます。

180923_06.jpg
ファイトケミカルが逃げないように蓋をして、約1時間煮ます。
本当は30分でも良いと思うのですが、
ハンドブレンダーで粉砕するとき、
かなり柔らかく煮ておいた方が細かくなるので。



味付けは一切なしにして、
化学調味料もゼロにしました。

クノールコンソメや
塩分を含むダシパックは中止です。

自分でミルで作ったダシを入れたり、
無添加のだしを入れることもありますが、
入れなくてもいいと思います。
180923_11.jpg

気分で、ローリエを入れて風味付けたり
おろししょうがを入れることも。


そうしたら、味覚が敏感になって
化学調味料が入っているものを食べると
すごく後味が悪くてダメになりました。

以前はけっこう好きだった
サラダせんべいやえびせんなどが
まるで塩とアミノ酸の塊みたいで
きつすぎて食べれないのです。。

せっかく買ったのに、
ごめんなさいしてサヨウナラです;;


180923_07.jpg

180923_08.jpg

ハンドブレンダーで粉砕しただけでも
かなりなめらかにはなりますが、

これだけ沢山の野菜を入れると
コーンの皮とかトマトの皮と種とか
繊維が相当なものなので
もはや裏ごしせずには食べられないかも(汗;

というより、母もわたしも繊維はあまり
たくさん摂れないし、裏ごしした方が
口当たり良く美味しくいただけるので、
頑張っていたのですが、、、

180923_12.jpg


大量に作るようになってからは
裏ごしが大変すぎて、
腱鞘炎になりそうだったり、次の日に、
歩けないくらい腹筋が痛くなったりしたので
裏ごし器を買いました。

180923_16.jpg


ムーランというフランス製の裏ごし器で
ちょっとお高いものでしたが、
アマゾンでかなり値引きされていたので
思い切ってゲット☆



結果、買って本当に楽になりました。


まるで空回りしているみたいに
まったく力はいらずに裏ごしできます。

180923_17.jpg

周りにたまってきたら逆回しすると
下に落ちていくので、最後までしぼれます。

180923_18.jpg

180923_19.jpg


今までの半分の時間で完成!

180923_20.jpg

なのですが、、、

裏ごし器を分解して洗うのが、
それなりに時間かかるので
時短になったかといえば
そうでもないかも、、^^;

180923_13.jpg

でも、楽なので大満足しています☆





180923_09.jpg

モロヘイヤ 粉末
クマザサパウダー
ケール青汁

180923_10.jpg

これは、どうしようかなーと思案中。。

クマザサと青汁は、クセがなくて
溶けやすいので入れてもいいんですが、

モロヘイヤが、効き目がダントツなだけに
クセもあり、溶けも悪いので、

モロヘイヤは無理に野菜スープに入れなくても
ヨーグルトにかけて食べる方がいいかも。

粘りもすごくて、スプーンとかにくっついて
なかなか取れないくらいですが、
それだけパワーの強さも感じます。





母は明日退院します。

冷凍して小分け容器に入れて病院へ運ぶのも
もう終わりです。

180923_21.jpg


感無量。。。




生きて帰ってきてくれて
本当にありがとう。。。。。



人間て、生きているだけでも
ものすごい価値がありますね。


親孝行する時間を与えてくれたことに
感謝しかありません。




野菜スープは薬だと思って
これからもずっと飲み続けます。


北大での手術後、7月になり、
体調もすっかり安定してきて調子が良くなったので
参加しない予定だった秋のコンサート(弦楽合奏)にも
出ることにして、楽器を受け取りに行った矢先に、、、

なんと、、、

今度は、母が下咽頭がんになってしまいました。
リンパ節や食道にも転移していて、ステージ4とのこと。

関連記事
http://hadoumania.blog.fc2.com/blog-entry-182.html


コンサートどころか、母の看護と父(認知症)の介護で
とんでもなくハードな日々となりました。


自分が癌になったときよりも
精神的にはずっときつく、
肉体的にも体力ない私には大変で、

一時は、全身に発疹が出たり、めまいがひどかったり、
夜中に心臓がバフバフしたので、
皮膚科や近所のクリニックで安定剤もらったりして
どうにかしのぎました。

これがもし、イレウスの根治手術を受けていなかったら
わたしもまた詰まって入院する羽目になり、
家族総崩れになるところだったので、
本当に良いタイミングで手術したことに感謝です。

これだけのストレスでも、今回イレウスには
ならなかったので、北大での手術は大成功と
言えると思います。



母の方は、手術直後の執刀医の話では、
癌はリンパや食道にも転移していて
食道はかなり細くなっている。
若い人なら、強力な抗がん剤と放射線で
治る可能性もあるが
年齢的に80代なので無理、

年齢の割には進行が速くて
悪性度も高い

ということだったので、

年内はもたないだろう、、、

と、誰もが思っていたのですが、、、


なんと、奇跡的な回復力で
どんどん良くなっています!

食事もとれるようになり、
今は週末には外泊しているので、
放射線治療が終われば、
退院できるとのこと。


当初は、もう食べれるようにはならないし
家に戻ることもできないだろうと、
言われていたので、本当に奇跡です。



◆母の下咽頭がん症状と経過◆

3月
声がひどく枯れる(風邪のせい?)

5月~
誤嚥がひどくなり、食事のたびに
ひどくむせて咳き込む。

7月6日 
固形物はまったく喉を通らなくなる。
水を飲もうとすると気管に入って呼吸困難になる。
隣町の病院に入院。

7月24日
検査の結果、腫瘍が見つかったので、
帯広の耳鼻咽喉科の名医のいる病院へ転院。


7月27日
腫瘍減量手術(喉をふさいでいる部分のみ摘出)
がんのすべてを取り除くことはできないものの、
腫瘍減量手術によって、そのあとにおこなう化学療法や
放射線療法でがん細胞を根絶できる可能性が高まる。

食道の方にもかなりガンが広がっていて、
全体の50%程度しか摘出できなかったとのこと。

出血が多かったので術後は回復遅く、
血痰がひっきりなしに出る状況が続く。


8月3日
何も飲めない&食べれない状態だったが
唾は飲めるので、「これしかない!」と思って
生体ミネラルを喉にスプレーしてみたところ

急に痰がからまなくなり、
スプレーした数時間後からゼリーがすっと呑み込めるようになった。
その後、夜中も痰がからまなくなり、急速に回復しだした。


8月6日~
ゼリーやドリンクの食事開始。

放射線治療(週5日、全35回)と
温熱療法(週1回)スタート。


8月13日~
5分粥、きざみ&とろみのおかず(昼のみ)
朝晩はドリンクのみ。

野菜スープやニンジンジュースを
小さな容器に入れて病院に持ち込み毎日飲んでもらう。
あわせてヒーリングも行う。


8月20日~
5分粥、きざみのおかず(3食)
きざみも少しずつ粗くなってきた

量は少ないが3食たべれるようになったので点滴終了。


9月4日
放射線治療の見直すことになりCT取り直し。

9月11日~ 残り9回
ガンが小さくなってきているのでピンポイント照射に変更。


週末は外泊できるようになった。
8月24日~26日 外泊
8月31日~9月2日 外泊
9月6日~9月9日 外泊(停電のため木曜日から外泊)
9月14日~9月17日 外泊

~~~~~~~


母が入院している帯広の病院は
地方の病院にもかかわらず最新設備と
技術力の高いスタッフを集めている病院なので、
放射線治療もトモセラピーという
副作用が少ない治療器を日本で初めて導入したり
温熱療法なども受けることができます。

温熱療法といっても、民間療法の
岩盤浴のようなものとは違って、
ハイパーサーミアという、
電磁波の原理で、深部のガンにも有効な治療です。


放射線を喉に照射しているので、
口内炎や味覚障害、唾液が出なくなるなどの
ケアのために口腔外科で診てもらっていますが、
20回以上放射線を照射しても
口内には、まったく副作用が出ておらず、
そんな人はかなり珍しいらしく、
「記録を残しておきます」と言われたそうです。

こちらの病院の口腔外科は
わたしも以前、上顎のう胞で手術入院したのですが、
北大レベルの先生がいらっしゃるので安心です。


また、リハビリで喉のトレーニングや
マッサージを早いうちから毎日やっていただけて
多方面から万全な治療を行ってもらえています。



それにしても、トモセラピー(放射線治療器)が
副作用が少ないとはいえ、
20回以上照射しても、まったく大丈夫というのは
野菜スープのお陰もあるに違いないと思っています。

放射線治療は、直接患部に炎症が起きなくても
大量の活性酸素が発生するため、体調を崩す人が多く
決められた回数全部をできない人もいるのですが、
野菜スープはファイトケミカルによって
活性酸素を除去してくれ副作用を防いでくれます。

さらに、とくべつなニンジンジュース
波動入り生体ミネラルや
DNA修復エネルギーなど、、、

ちょうどスピリチュアルヒーリングを
あれこれ習得したタイミングなので
めいっぱい使っています。



それにしても、
下咽頭がんや食道がんは、
アルコールの摂取量が多い人が
かかりやすいガンなのですが、

母は、、、

毎日ワインを飲んでいました。。。

ポリフェノールは体に良いと信じて。。orz


しかも、逆流性食道炎と診断されていたので
重曹でうがいまでしていました。

重曹の濃度はアバウトだったので、
アルカリが喉の粘膜に悪影響を及ぼしていた可能性大です。

弱った粘膜へアルコールの刺激、
ワインが喉にしみていたのに、
気にせずに飲み続けていたそうです。。

「アルコールは消化器の壁を荒らす上に
食事などに含まれる発がん物質の吸収を促進する。
特に、食道ガンと咽頭ガンは
アルコールが大きな要因になります」
と済陽先生の本(ガンが消えていく食事)にも書かれていました。




母は、若い頃から喉が詰まりやすかったので
いつものことだと思ったのと、、
誤嚥やムセもひどかったけれど、
それは年齢的なものだとばかり思っていて、
癌の発見が遅れました。

やはり少しでも異常を感じたら、
専門の科のある病院で精密検査をするべきだと
あらためて思いました。

早めに見つけてもらえれば、
内視鏡などで簡単に取ることも可能ですから。


ということで、
わたしも皮膚科に通ったついでに、
腹部にあるシミがどんどん大きくなり
気になっていたので取ってもらうことにしました。
悪性の心配はなく、よくあるシミイボ(?)だそうです。
液体窒素で治療中です。




とにかく、
親孝行する時間を与えていただけたことに
感謝の気持でいっぱいです!


ご心配くださりサポートして下さった方々には
心よりお礼申し上げます。


本当にありがとうございます。




入院中に同室の方に伺ったのですが、
「余命半年と言われたけれど、
野菜スープを毎日飲んだら
あれから6年経った今も元気!」
なのだそうです。

それで、自分でもネットで詳しく調べてみたところ
ハーバード式野菜スープに関する記事が沢山ありました。

それによると、基本は、
1.野菜は皮ごと使う
2.ふたがしっかりできる鍋(できたらホーロー製)を使う
3.原則として食塩や調味料を使わない
ということでした。

野菜は特に皮にファイトケミカルが多く含まれるので、
玉ねぎの皮も、お茶用のパックに入れて一緒に煮る、
と書かれていたサイトもあったので、
私もやってみたのですが、その結果、
スープの色が濃すぎて鍋が変色するので1回でやめました^^;


ハーバード式によると
「スープを取った後の具はクズ同然だから捨てる」
と書かれていたのですが、
私的には、具には貴重な食物繊維がタップリだし、
捨てるなんて、とてもじゃないけどもったいなくて無理~

と思っていたら、下記の本を見つけました。

アマゾンベストセラー1位(カテゴリ ガン関連)
楽天ブックス料理部門1位(日別ランキング)

この本は、抗がん剤研究で世界的研究者の
前田浩先生が書かれている本ということもあり、
とても信頼できる内容のものでした。


【最強の野菜スープ】
ノーベル化学賞の候補にも名が挙がる抗がん剤の世界的研究者が、
病気予防とアンチエイジングに考案。
「がんの予防には野菜スープが一番」と断言!
「野菜はサラダよりスープにしたほうが効果は100倍も強力」と研究から判明!
高血圧、糖尿病、白内障、シミ、アトピーも改善する福音の書。

<目次>
第1章:簡単!万能「野菜スープ」の作り方
第2章:がんの予防には野菜スープが一番!副作用の軽減
第3章:野菜は老化や病気の元凶「活性酸素」を消す妙薬
第4章:野菜スープで病気知らずの体になる、若返る!
第5章:野菜スープは体の毒消し!
第6章:効果を高める野菜の上手な活用法
第7章:運動は薬!抗がん剤や降圧剤に劣らない

さらに、
野菜スープは抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減し、
がん治療後の体力回復や再発の防止にも最適、
何といっても若返り効果もある!

ということなので、
私も毎日欠かさず野菜スープを飲んでいます☆


1回作れば3~4日は冷蔵庫で保存できますし、
一人暮らしの方などは冷凍もOKです。

手術後で体力が落ちていたり再発が心配な方、
治療の副作用で体調のすぐれない方
更に、健康と若返りを目指す方など、
どんな方にもお勧めです☆


基本は、玉ねぎ、ニンジン、カボチャ、キャベツ
なのですが、私は欲張って色々入れてます♪

yasu01.jpg

カボチャ、ニンジン、玉ねぎ、じゃがいも、、
※カボチャは小さくカットして冷凍してます。
切るときは、非力な私にはかなり固いので
軽くレンジしてから切ると楽です。

yasu02.jpg

キャベツ、白菜、小松菜、トマトも入れて
ひたひたになるくらい水を入れます。

yasu03.jpg

本来は、野菜そのものの味で充分なのですが、
あまり薄味だと家族は食べてくれないので、
ロリエと出汁パックや紀文のおでん出汁、
クノールチキンコンソメなどを
その時の気分で入れています。

yasu04.jpg

沸騰する直前で火を弱めて
約30分間煮ます。
ファイトケミカルは揮発性なので
蓋をして煮てくださいね。

yasu05.jpg

出来上がり☆(*^^*)

yasu06.jpg

1回目はそのままいただきます。

yasu07.jpg

1回食べた後は、ポタージュ風にします。
凝り性なので、ハンドブレンダーも買いました。

yasu08.jpg

ひとまわり小さなお鍋に移して
冷蔵庫で保存。

yasu09.jpg

食べる時に豆乳を加えると
また違った美味しさを味わえます♪

やっぱり美味しくないと続けられないので
ある程度自由に、味付けなどは
変化を付けても良いのではないでしょうか(*^^*)

これからの季節は、
庭で作っているパセリや大葉や
自家製ミニトマトなども
たっぷり入れて作ってみたいな♪


あと、我が家は高齢の両親のために、
骨粗しょう症防止と
野菜の残留農薬を排出する意味で
希望の命水(ミネラル)も入れています。


無農薬野菜はなかなか手に入りにくい上に
お値段的にも高いのがネックなので
ミネラルが補給できるだけでなく、
農薬や添加物を排出してくれる
この「希望の命水」は
とても重宝しています。



▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ


退院後の通院日。

遠方なので、予約は12時という
遅い時間にしてくださったが、
朝一のJRで行って10時に到着。

診察前の前に、同室だったYちゃんや
クレープ一緒に食べたKちゃんと
懐かしのアメニティホールで再会(*^^*)

やっぱり会うなら、
この思い出の広場だよね♪
ってことで、ローソンのコーヒーなど
飲みながらおしゃべりしました。

Kちゃんが午後から用事があるので
午前中に来てくれたのです(*^^*)


診察は最初に診てくれたK先生でした。

K先生
「特に問題ないですね?」


「ちょっと動きが弱くなったときも
ありましたが、大丈夫でした」

「傷のところにチクチクする
トゲみたいなものが出てるんですけど」

K先生
「トゲはないよ~
皮膚の下を溶ける糸で塗ってるんだけど、
糸というだけあって
最初は柔らかいんだけど、
時間が経つと水分などを吸収して
固くなってくるんだよね」


「溶ける糸なら、
そのうちなくなるんですね」

K先生
「でも、気になるでしょ。取りますよ」

「逆まつげ抜くみたいだな~
もうちょっと長く出てたら
抜きやすいんだけどね」

など言いながら抜いてくださり、スッキリ!

そして、
「はい、じゃあ、もう通院は終了です」


ということで、サヨナラ宣言。

病院通いが身についている私としては
なんだか少し寂しいような。。。


でも、やっぱり

K先生で始まり、K先生で終わった、

と思う。。

10月追記-----------
K先生が北大から医療センターに移動になられました。
その病院は、なんと、わたしが子供の頃入院していた所で、
当時通っていた病弱時養護学校と繋がっている病院です。
やっぱりK先生とはすごいつながりだ。。。
-------------------


通院は終わっても、
院内の美容室に寄ったり、
友達とも、また会う約束をしているので

北大病院にはこれからも時々来て、
ここで学んだ多くのことを
忘れないようにしたいと思っています。


帰りは、血栓ができて再入院したという
Yさんのお見舞いに、
懐かしの病室に寄ってきました。


入院されている皆さんの、
一日も早いご回復と、
お元気に活躍される日々を
心より願っています。




▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ


手術後のイレウスが回復してから
退院までの記録です。


4/1(日) 入院26日目・術後10日目

冬の間は病棟は暑かったらしいけど、
この季節は逆に部屋は寒いことが多かった。

特に夕食前の時間は、いつもとても寒くて
肩まで布団にすっぽり入らないと風邪ひきそう。

今日は特に寒い~~~!と思ったら、
熱が37.8℃あって、ホットパックをもらったが、
寝る頃には下がった。

お借りしたホットパックは
湯たんぽと違って7時間も温かさが続いて
繰り返し使えて使い捨てカイロより経済的。
「楽天でも買えるよ♪」 と
Aちゃんが教えてくれたので早速購入しました♪



4/2(月) 入院27日目・術後11日目

・採血
・レントゲン
・エレンタール1日1包でスタート

h4a01.jpg

これが噂の高カロリー栄養剤。
腸の手術で絶食した後は、エレンタールの洗礼?を受ける人が多い。


4/3(火) 入院28日目・術後12日目

・皮膚科受診2回目 良くなっていることを確認

・エレンタール2日目 1日1包
フレーバーは、Aちゃんお勧めの
「さっぱり梅味」をオーダーしてもらい、
甘すぎるので半量だけ入れたら、
さほど飲みづらくもない。

H先生はとってもニコニコしながら、
「慎重にやってますから慣らし運転でね。
フレーバーは色々ありますから♪」と、
爽やかな笑顔で言ってくださった^^;


4/4(水) 入院29日目・術後13日目

・レントゲン
・MRI
・エレンタール3日目 1日1包


■4/5(木) 入院30日目・術後14日目

・採血
・エレンタール4日目 1日1包

・婦人科受診 
素敵な女医さんが、MRIの結果を画像を見ながら
丁寧に説明してくださった。
瘻孔はMRIでも判別できないレベルで問題なし。
卵巣嚢腫もきれいな丸なので心配ない。
とのことで、2つの気になっていたことが解決した。

このあたりから、血管が弱ってきたのか、
点滴が漏れやすくなってきた。
刺し直しても3日位しか持たない。
おそらく、ずっと絶食だから
血管もやせ細ってきてるんだと思われ。


4/6(金) 入院31日目・術後15日目

・レントゲン
・エレンタール5日目 1日1包 最後

・重湯が出た~! 
17日ぶりの食事(と言える?)に感動!
h4a02.jpg

どんぶりにいっぱいなので、
半分以下を30分かけて食べるように言われる。


太ももの湿疹の後が皮膚が固くなってたので
ニベアを塗ったら、ピリッとなって
皮がベロベロ剥けてきた。
剥けた後の皮膚はツルすべなんだけど、
なんせ広範囲だから剥けきるまでが大変。。


4/7(土) 入院32日目・術後16日目

・食事が始まったので、
点滴は1日2000mlから1000mlに減量。
夜寝ている間は点滴外してもらえるので楽になった。

重湯は昨日は半分にしたけど、
今日はもういいかと思って全部食べたら、
ちょうど下膳したときに
看護師さんのチェックが入り
「まだ全部食べたらダメだよ~」と
ご指導いただいた(汗;

その後、別の看護師さんは、
「ま、重湯は飲み物みたいなもんだから
大丈夫だよ~」と言ってくれたので
ホッと一安心。


4/8(日) 入院33日目・術後17日目

特に何もない平和な日曜日。

同室の人がバナナを一口くれたり、
退院する人が、口どけの良いお菓子を
置いて行ってくれたりで
ちょっとつまみ食いをする。


4/9(月) 入院34日目・術後18日目

・採血
・レントゲン

・お昼から3分粥 
I先生が朝のレントゲンを見て
「結果良かったので3分粥にしますね」
と、わざわざ知らせに来てくれた。

h4a03.jpg
3分粥になった途端に、
このおかずは多すぎない?(汗;

h4a04.jpg
こっちはまだマシだね。
おかずは繊維多すぎると心配だから
低残渣食をお願いしたが、
5分粥からじゃないと無理らしい。


・午後から教授回診

退院したAちゃんが外来の日なので
私の好きなシュークリームを持って来てくれて、
2時間半くらいおしゃべりした。


4/10(火) 入院35日目・術後19日目

何もない平和な日


4/11(水) 入院36日目・術後21日目

・レントゲン

部屋の3人が1歳違いのメンバーに
なったので、ますます話に花が咲く。
外科はどんどん退院していくので、
1ヶ月以上いる私はすっかり主(ぬし)
ということで、室長に任命された^^;

その他、窓のブラインドの開け閉め担当
ブラインド係など、役割分担をする(笑)


4/12(木) 入院37日目・術後21日目

・お昼から5分粥
おかずは低残渣食になった。
h4a05.jpg



4/13(金) 入院38日目・術後22日目

・採血
・レントゲン
・点滴終了


4/14(土) 入院39日目・術後23日目

何もない平和な週末


4/15(日) 入院40日目・術後24日目

そろそろ足腰を鍛えようと、
7階から1階まで階段の昇り降りでの
トレーニング開始。

午後はしゃべりすぎて
トイレに行く時間がなく
お腹がちょっと張っていたけど
気にせずに夕食を全部食べたら
その後、胃が痛くなり吐き気が襲ってきた。

20時半、21時半、23時半の3回吐く。

食事を一緒に食べてるHさんも
5分粥のときに油断して食べ過ぎて、
夜中に2回吐いて
当直の先生に診てもらって
緊急のレントゲンを撮った、
と聞いていたので、

私の場合は、ガスは多少出ていて
自力で治せそうだったので、
夜中に先生を呼ぶのも申し訳ないので、
看護師さんには報告せずに
トイレにひたすらこもって
ウォシュレット刺激でガスを出したら
3回目吐いた後は、かなりお腹がへこんで回復した。

足が震えるのは、吐いて衰弱しているせいなのか
階段トレーニングのせいなのかがよくわらない。


4/16(月) 入院41日目・術後25日目

・レントゲン
いつも午前中なので迷わず9時に行ったら、
怪訝な顔をされたがやってくれた。
帰ってきて確認したら、午後の予約だった。
でも、前日吐いたから
早く検査して欲しかったので良かった。


・教授回診 
「まだいるの?」と廊下で教授が
言っているのが聞こえた^^;

お腹が張って吐いたとのことで、
よく歩くように言われた。

なんせ、先生も看護師さんも、
みんな「歩け歩け」という。。
腸を動かすには、歩くことが一番なんだよね。。

でも、昨日の階段トレーニングのせいで、
足の筋肉痛が、傷の痛みよりも痛くて
ハンパないので
今日は歩くのはちょっとお休み。

レントゲンの結果、
少し腸は腫れている部分もあるが、
点滴は再開せず、食事も止めずに
様子を見てくれることになってホッ。。


4/17(火) 入院42日目・術後26日目

Aちゃんが治療のために来院。
シュークリームを持って来てくれたが
最近、ローソンのシュークリームは
チョコ味がなくなったうえに、
クリームもなめらかさがなくなり残念。


4/18(水) 入院43日目・術後27日目

・採血
・レントゲン


4/19(木) 入院44日目・術後28日目

・朝から全粥(おかずは低残渣食のまま)
他の人はご飯の量がハーフとかなんだけど
わたしはどんぶりにいっぱい入ってる。
でもお粥好きなので、ほぼ全部食べてました。

朝食は牛乳のかわりに
豆乳にしてもらいました。
h4a07.jpg

お粥でも、麺類やパンは出るので
それほど飽きることもなかったです。
h4a06.jpg


・サーティワンのクレープ食べた♪
 クレープ記事はこちら



4/20(金) 入院45日目・術後29日目

・レントゲン

・サーティワンのクレープ2回目♪


4/21(土) 入院46日目・術後30日目

・院内美容室で髪をカット


4/22(日) 入院47日目・術後31日

何もない平和な週末


4/23(月) 入院48日目・術後32日目

・採血
・レントゲン

・サーティワンのクレープ3回目♪

退院に向けてサービスコーナーで
手ぶら退院パックの申し込みをする


4/24(火) 入院49日目・術後33日目

サービスコーナーを閉めた16時過ぎに、
退院パックの入れ物(コンテナ)を持って来てくれる。


4/25(水) 入院50日目・術後34日目

ついに退院の日☆

朝回診の時、
憧れのH先生の見納めなので、
メガネをかけて良く見ようと気合入れてたのに
今日に限ってH先生不在、、、残念!

その代わり、久しぶりにK先生に
お会いできたので良かった。

先生方は大人数で回診に来てくださるので、
その日によってどの先生が居るのか居ないのか、
メガネかけてないと、把握しきれないのです。

しかも、先生方があっちとこっちで
それぞれ話しているのを聞きわけるのには
聖徳太子の耳が必要^^;


回診の後は、
担当以外の看護師さんも、わざわざ
お別れの挨拶に来てくれたりして
本当に名残惜しい気持ちでいっぱい、、、

病院とスタッフのみなさん、そして
闘病仲間たちとは握手したりして、
感謝いっぱいの気持でお別れしました。



入院中は、いつもピカピカに掃除された
トイレや廊下などを歩きながら、

「北大病院 ありがとう!!」

「札幌の街 ありがとう!!」

と毎日つぶやいていました。
(札幌は私に多くの貴重な経験を与えてくれた街)



先生方、看護師さん、助手さん、
お掃除してくださる方、同室のお友達、
そして、設備、技術、お店etc、、、

すべてに感謝です!!



本当に 本当に、、、

ありがとう~~~!!!
m(;∇;)m






あんまり北大病院が好きだから、
(入院はもういらないけど)
これからも、2ヶ月に1回くらいは、
遊びに来ようと企てています♪

美容室、サーティワン、
ローソンでお買いものしたいし、
友達にも会いたいから♪

で、早速、次回の通院日には、
同室だった人達と3人で
懐かしのアメニティホールで
会ってお茶する約束をしています。

お友達のひとりは、
「私たちにとって北大病院は
 原点で聖地だよね☆彡」
と言っていました。


私も、本当にそう思う!!(*≧∀≦*)





▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ


腸の動きも安定してきて
食欲も出てきたころ、

隣のベッドのKちゃんが持ってきた
サーティワンのクレープ割引チラシを
じっくりと見ていたら、
ちょうど夕回診で、
若手の先生方が3人入ってきた。

目ざとくクレープチラシを見て
「クレープ、ぜんっぜんOKですよ!
 アイスクリームなんて
 まったく問題ナッシング!」
とやけに食いつきが良い^^;
もしかしてクレープ好きなの?

ところが、
「あ、でもよく噛んで
 30分かけて食べてね~」
って、
「無理ですよ~
 アイスとけちゃいますよ~」
って言ったら、
「アイス以外の部分はよく噛んで」って^^;


次の日の朝回診のとき、
その日から全粥になったので、てっきり
「全粥になってどうですか?」
って聞かれるとばかり思ってたのに、

大人数の先生と看護師さんがいるのに
「クレープ食べましたか?」
と聞かれたて、恥ずかしかったから、

「今日、お隣さんが退院決まったので、
 退院祝いに一緒に食べる予定です」
と、隣のKちゃんのせいにした^^;

そしたら、先生方みんなが、
「いいねーいいねー」
って言ってくれてるなか、

Y先生がフッと変な笑いをしたと思ったら
最後に部屋を出るときに、
「前に、退院祝いって言って食べて、
 お腹張った人いるんだよね」 ( ̄ー☆キラリーン
と言って出て行った、、、
え~~~!センセイ~~(汗;


回診後の検温の時間には、
看護師さんから、
「マヤさん、先生から
 病院の食事以外のおやつを食べても良い
 許可が出ていますよ♪^^」
って、おやつにわざわざ許可?(汗;

その後、廊下で会う看護師さんがみんな
「クレープ食べたの~?」って聞いてくれ
なんと、看護師長さんまで
「マヤさん、クレープ食べたんですか?♪」
って、、、全員に知れ渡ってる~!(滝汗;


で、その日の午後、クレープは結局、
Y先生の言葉があったし、Kちゃんは肝臓だから
脂肪分控えたいとのことで
サーティワンにのお姉さんに無理を言って
半分にカットしてもらって食べました☆

h4a08.jpg

イチゴと生クリーム、ラブポーション、
パイのサクサク感も最高のクレープは
あっという間に感動と共に食べ終わり、
毎日おかゆだったから、美味しさひとしおで
ちょー満足して帰ったんだけど。。

夕回診でもまたまた、先生方から、
「クレープ食べました?」と聞かれたので
(それしか話題がないんかい^^;)

「Y先生にクギ刺されたから、
 お隣さんと半分にして食べました」
と答えたらY先生はウケてた。


でも、そのあまりの美味しさが忘れられず、
半分じゃ食べ足なかったってこともあり
その日の夜は、クレープが頭から離れずに、
良く寝れなかった(爆)

そしたら、一緒に食べたKちゃんも、
「やっぱりひとり1個食べたいよね!
 思ったより全然くどくないし、
 大きくないから1個でも大丈夫♪」
と、意見が一致☆

それで、次の日も再チャレンジで、
サーティワンの列に並んでいたら、、、

Kちゃんが
「マヤちゃんの先生たち来たよ」って、
「うっそでしょ~~~」と思ったのに、
げっ! ホントだ!!(滝汗;

なぜこのタイミングで2人の担当医が
ここを通る!?(滝汗;
二日連続クレープがバレた~~~><;
と、あたふたしていたら、

「だいじょーぶ♪
 来週月曜は退院していいから」
って、こんなところで、
急に退院許可されてもぉ~~(笑)


その日も前日と同じパイ入りクレープを
食べたかったのに、なんと、
「人気のため完売終了」だって!;;

あのカリッとした食感は1度きりの
感動で終わってしまったけど、
私は紅茶、Kちゃんはチーズケーキ入りを
食べて、やっと満足したのでした。

h4a09.jpg
私はラブポーションとキャラメルリボン☆

h4a10.jpg
Kちゃんはラブポーションとポッピングシャワー☆


というわけで、
またまた次の日の朝回診でも
「まだクレープ食べてるんですか?」
って聞かれたから、
「もう、2回でやめました」
とキッパリ、、答えたんだけど、、、


夜勤の看護師さんからは、
「マヤさん、今日は美味しいもの
 食べたんですか?^^」と聞かれるし
(完全に申し送りまでされてる^^;)

その次の日の夜の食事量チェックでも
「今日は食事以外におやつ食べました?
 何時に何食べたんですか?」
と、おやつまで、まさかのチェックが入り、
「えっとぉ~、、、 3時に
 バナナ半分とマンナ食べました」
と、焦りながらも真面目に答えるわたし。
う~~~ん、、
糖尿でもないのに、おやつの量と時間まで
聞かれてる人いないよね~^^;


でも取り合えず、これでクレープ女は卒業
だと思ってたのに、、、

食堂で一緒に食べてる別チームのHさんが、
「退院前に、クレープ食べるの付き合って♪
 今日の3時って決めたけど、いい?」
と、なかば強引なお誘い(笑)

「え~!\(^o^)/ もち! いいよ!」
「こないだはイチゴだったから、
 今度は基本のチョコバナナにするわ♪」
と、すぐその気になるわたし(笑)

いや~まさか3回も食べれるとは!
やっぱ一人で食べるより
お友達と一緒に食べた方が
美味しさ倍増するから嬉しい♪(*^^*)

h4a11.jpg

h4a12.jpg

でも、Hさんも私も、地方の人間だから、
地元に帰ったらクレープなんて売ってないから
これが食べおさめ。。;;


とか言いつつ、札幌に行くたびに、
北大病院の美容室とサーティワンに
寄っちゃいそうな予感。。♪(*^^*)



▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ


プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ