FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

1996年(34歳)

出産後は、慣れない育児で忙しくしていたため、
潰瘍性大腸炎の検査は2年以上サボっていました。
いつもなら先生に言われて、しぶしぶ検査していたのですが、
育児で忙しそうだからと、先生も遠慮してくれていたそうです。。

やっと少し、子育てにも余裕ができてきたとき、珍しく自分から、
そろそろ検査でもしてみるかな、という気になって
大腸ファイバー(内視鏡)と注腸バリウムをやることにしました。

そのころは、下痢や粘血便もあまり見られず、自分としては
けっこう良い状態でした。いつになく硬さもほどよい便だったし。
ただ、少し細くて、形がいびつに筋がついていたりしましたが、
調子良かったので、まったく気にもとめませんでした。


ところが、大腸ファイバーの検査の時、映し出された映像には
素人のマヤにもハッキリわかる、キノコ状のものが・・・。
それを見た瞬間、N先生の顔色が変わって、相当ヤバそうな
雰囲気が伝わってきました。
これってポリープ? このせいで、便がデコボコしてたんだ。。。

その時のN先生説明は、
「ポリープがたくさんあって、ガンになりかかっているから
手術しなくてはダメだね」とのことでした。

先生は、精一杯、気を使って言ってくださったようですが、
家に帰ってから、いただいた紹介状を透かして見ると、
画像の説明の所には、しっかりと、【Ca】と、書かれていました。
Cancer つまり れっきとしたガンだったようです。


発病してから10年以上経過した全大腸炎型のUC患者は、
一般の人より大腸がんを合併する危険性が高いというのは
知っていたので、あ~あ、やっぱりきたか。。。という感じで、
それほど大きなショックはありませんでした。

マヤの場合は、潰瘍性大腸炎歴が25年以上だったので、
ガンになって当然だな~という思いでした。


数日後、N先生に書いていただいた紹介状を持って、
大学病院の消化器外科を受診しました。
外科外来では、まずは若い先生の予診。そして次には、
これまた、若くてカッコイイ助教授の先生の診察。

外科って、内科と全然雰囲気違って、ちょっと感動しました。
内科の先生方って、優しくて穏やかなイメージが強いですが、
外科は、バリバリの精鋭って感じで、頼もしい~♪
内科は、治るまで気長~~~に病気と付き合いましょう的な
ところがあるけど、外科は、悪いところはサッサと取って
白黒はっきりつけちゃいましょう、みたいな感じ?

余談ですが、先日、母につきそって内科に行ったら、
内科の先生方の、穏やかで優しい話し方に感動~!
すっかり、外科ナイズされていたマヤには、久しぶりの内科が
逆にとっても新鮮で、先生方の気遣いに癒されました。


話は戻りますが、助教授の先生の診察を待つ間、
看護婦さんに、上半身すべて脱ぐように言われて、バスタオルに
くるまされたのに、助教授の先生は、造影のときの画像と紹介状を見て、
後は、診察らしい診察もほとんどせずに、即、入院の予約となりました。

ところが、、、
その時期は、たまたまベット待ちが特に混んでいたようで、
入院するまでに、結局、1か月以上も待たされる羽目になりました。

入院を待っている間、手持ちのプレドニンが切れたので、
もう大学病院の患者になったんだからと思って、薬をもらいに
大学病院を受診しました。

その日の外来の担当は、若い先生で、
「今日はどうしました?何かありましたか?」と、
かなりビビった様子というか、困ったような感じでしたが、
マヤが、「薬をもらいに来ただけです」と言ったら、
えらくホッとされていました。


▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ