FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

2001年(39歳)

ストーマクローズのオペ後はイレウスになることもなく、
すぐにガスが出ました。
ガスというか、、、、
すでに、液体の便(つまり下痢)が止まらない。。。

下痢とは言っても、腹痛とかはないので、ただひたすら
トイレ通いが忙しいだけなんですが、、、
その忙しさったら半端じゃありません。。。


食事を取れるようになったら、食べたと同時に腸が活動して、
トイレに行きたくなるので、いつも、お行儀悪いけど、
食事の最中にトイレへ直行^^;

ところが、、、どうも出るに出なくて、今度は、また別の
おなかの痛さが襲ってくるようになりました。。。


結局、手術後5年間も肛門を使っていなかったので、
回腸嚢(Jポーチ)と肛門管の吻合部が瘢痕拘縮のために
すっかり細くなってしまって、人差し指も通らないような状態に
なっているとのことでした。

先生が言うには、ストーマクローズのオペの時に、
肛門も切開して拡げようかと思ったけど、下痢との兼ね合いも
あるので、様子をみることにしたとのこと。

でも、いつまでも様子をみられても、お腹痛いだけなので
サッサと切開しちゃってください、ってことで、吻合部の切開を
してもらうことにしました。


切開手術は下半身だけの麻酔だったので、オペの様子はすべて
まるわかりでした。話の内容とか、お腹の押されるような感じ、
しかも、横にはガラス張りの棚があったので、横向きに寝ていた
マヤには、そこに先生方の動きなどが映ってよく見えました。

オペ前の処置では、水様便だからということで、浣腸しないで
やってくれたのですが、トイレにこもっても、出そうで出ない、、、

でも時間切れになったので、仕方なくスッキリしない状態で
オペに臨んだところ、、、

やっぱり便がいっぱいたまっていたようで、、、、
腸洗浄に30分、オペ自体は5分ほど、というありさまでした(汗)

※出そうで出ないときは、ウォッシュレットの水を肛門に
入れるようにして刺激すれば、スッキリ出せるってことを、
後になって知りました。もっと早くに知っていれば、、と、残念。。


切開手術が終わったとき、S先生が
「人差し指が入らなかったのを、親指が入るくらいに拡げたから」
と、血まみれの手袋で説明してくれました。

ま、血は見慣れてるからいいんですけど、、、
でも、けっこう生々しかった。。。


▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

2001年(39歳)

当時のマヤは、ストレスや疲労で、すぐに回腸嚢炎になってしまう状態。
で、例によって、またしても大事な行事の1週間前くらいから、回腸嚢炎が、
どんどんひどくなってきました。

それでも、その大事な行事が終わってから病院に行こうと思って、
なんとか辛抱し続けて、当日は頑張って駅までたどり着いたのですが、
その時には、もう、具合の悪さがピークに達して、、、

激しい吐き気が、ひっきりなしに襲ってくるので、これでもし吐いたら、
それこそ、周りの人たちに、大迷惑をかけてしまうと思ったので、
仕方なく、駅からキャンセルの電話を入れました。
(いつものドタキャンだったので、相手も、予測はしていたようです。。)

そして、駅からそのまま方向転換して、がんセンターへと向かいました。


がんセンターへは、行事のための大荷物を持って行ったので、
入院準備をしてきたと思われたのか、家が遠距離ということもあり、
なんとその場で、入院させてもらえました。

入院待ちの人がたくさんいるガンセンターに、即日入院なんて、、、、
S先生には本当に感謝です。


消化器外科の病室はいっぱいだったので、乳腺外科の病室に入りましたが、
先生としても、ほんの2~3日、点滴と抗生剤投与で、症状が治まったら
すぐに退院させるつもりだったと思うし、私もそう思っていたのですが、、、

おもむろにS先生が、病室にやってきて
「ところでマヤさん、どうしてストーマクローズしてなかったんだっけ?」
って・・・
(S先生は、他の先生方か看護婦さんにでも質問されたようです)

そりゃないでしょぉ~~~~!!とマヤは動揺しつつ、
「だって、先生が閉じるっていわないし、、、
肝臓転移と再発の時点で、クローズの話はなくなったんだと思って
もう、諦めてました」と、マヤはこたえました。

そしたら、S先生は、
「じゃ、ついでだから、今回クローズしようか」
って、、、、、、
え~~~~~~~~!!!!
びっくり。。。

そりゃ、人工肛門とオサラバ出切るのは嬉しいけど、こんなに下痢ばかりで、
しかも、今回も下痢で入院したというのに、クローズして大丈夫なのかな?
この下痢状態で自然肛門になったら、トイレ通いがどんだけ大変になるの?
と、すごく心配だったのですが、
「水分の吸収は下の方で行われるから、閉じた方が下痢は良くなるはずだよ。
第一、ストーマにしている理由ないし。
肝臓の方は、その若さで3年再発してないんだから、もう完治だよ」
とのお言葉。

えーーー!? えーーー!? えーー!!!!
完治って、、、、、(嬉!!!)
そんなの聞いてないよーーー!!!
ならもっと早く言ってよ~~~~
と、頭の中はパニックになりつつも、

「それならもちろん、お願いします!!」
というわけで、3日程度の入院の予定が、
ストーマクローズ(人工肛門閉鎖手術)のおかげで、
なんと、2か月もの長い入院となったのでした。

ほんの数日だと思って病室を都合つけてくれた看護師長さん、
ほんとにゴメンナサイ。。。m(_ _)m


ストーマクローズの手術は、盲腸の手術より簡単♪
みたいな感じでした。

ついでなので、腹部に埋め込まれているリザーバーの、
タンクの部分も取ってもらいました。
カテーテルの方は肝臓に癒着しているので、そのまま
残しておいて問題ないそうです。

マヤが、大学病院からがんセンターまで、S先生を追っかけて
来たということを知って、オペ室の看護婦さんが
「ずっとS先生に手術してもらってるの?いいね~♪」と、
S先生の素晴らしさは、知れ渡っているようでした。

オペ後、回復室に外科部長の先生が回診に来て、
「5年もストーマにしていたのを(自然肛門に)戻した人って、
初めて見たよ」と、珍らしがられたりもしました。


▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ