FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

スワイショウは、両手振り体操、腕振り運動ともいわれています。

スワイショウとは、中国の『達磨易筋経』の秘儀「健康長寿の秘訣」
として書かれていたもので、
腕を前後に振り続けることで徐々に骨格が調整され、
万病が改善されていくとされています。

日本では、グラビトン(重力子)の研究で有名な工学博士の
故・関英男博士が実践していた体操です。

関博士は80代で自身の胃癌を治すために腕振り運動を始め、
90歳を過ぎても毎朝2000回くらい行なったそうです。

そして関博士は、胃癌も治り、年を取るごとに元気になり、
視力も良くなり、90歳を過ぎても元気に世界中を飛び回り、
頭脳も全く衰えず、熱心に研究をされ、97歳まで健康で活躍されました。


<腕振り運動で治った病気>

関英男博士が著した、専門家向けのテキスト
「宇宙学序章グラビトニックス」によれば、
この腕振り運動で治った病気として下記のものが取り上げられています。

・肺癌(午前2000回、午後2000回、夜2000回を5ヶ月)
・関節炎
・食道癌
・頚部リンパ線癌(1日1000回)
・半身不随(5、6ヶ月)
・肝硬変
・白内障(朝800回、夜1000回で4週間)
・トラコーマ、色盲、まぶたに生じるこぶ
・心臓病、高血圧
・神経症、精神分裂症
・腎臓病


また、腕振り運動は、船井幸雄氏によって「両手振り体操」の名前で
広く知られるようになりましたが、船井会長は毎朝1000回くらい行なって、
0.05だった視力が約3年で0.9まで回復し、眼鏡が不要になったそうです。

そして腕振り運動後、携帯電話やテレビ等の電磁波の悪影響を
受けなくなることが、Oリングテストによって確認されています。

また、スワイショウ(腕振り体操)には下記の効果もあるようです。
・仙骨が高速で回転することにより、全体の波動も上がってくる。
・血液の循環が良くなり、内蔵の働きがよくなる。
・近眼、老眼、白内障などが改善する。視力がよくなる。
・神経症、うつ病にも効果がある。
・肛門が上がる(引き締まる)ので、尿漏れや腸の状態が改善する。


<腕振り運動のやり方>

1.自然に立つ。両足は少し開く。
2.両足を踏みしめるような気持ちで立つ。
3.両腕を前に水平に上げる。手の平は内側に向け指は自然に伸ばす。
4.両腕を揃えたまま、後ろ約45度まで振る。
5.後ろに振った後は力を抜き、腕が自然に前に振られるようにする。

更に詳しく知りたい方は、下記をご参照ください。
スワイショウ(腕振り運動)で健康と運気アップ!

もちろん、わたしも毎日やっていますよ!(*^^*)



<参考動画>



自分の病気は勿論のこと、家族が病気になっても
心はざわめき、不安な気持ちが日々襲ってきて、
心身共に辛く体調も崩れがちになってしまいます。

そんなときにお勧めなのが、延命十句観音経です。
私も、母がガンになったときは、毎日真剣に唱えました。

※宗教的意図をもってご紹介するものではありません。
ヒーリング効果のある言霊としてご活用頂ければ幸いです。


延命十句観音経は以下のような状況で非常に効果的に働き、
状況を好転させたり、癒しを導いたりすることが報告されています。

・心身の不調や疾患
・不安なときや自己嫌悪に苦しむとき
・誰もいないのに不穏な気配がするとき
・霊障(憑依、金縛り、その他)
・特に金縛りや、近辺で霊的に嫌な感じがするとき
など

心が落ち着くまで、あるいは状況が好転してくるまで繰り返し唱えます。

このお経を心の中で唱えるだけで、金縛りが解け、
状況が好転する例は頻繁に報告されています。

感謝を持って謙虚に、そして無私無心に唱えると、
相当の霊障にも効果がある場合もありますのでお試しください。

誰かのために唱えてあげることもできます。

迷った時や心が落ち着かない時にとても心穏やかになり
とても効果的なお経です。

また、唱える時によって感じ方も違うため新たな発見を促します。
雑念から解放されるため、瞑想時に唱えるのも効果的です。

延命十句観音経(えんめいじっくかんのんきょう)

観世音 南無仏 (かんぜーおん なーむーぶつ)

与仏有因 与仏有縁 (よーぶつ うーいん よーぶつ うーえん)

仏法僧縁 常楽我浄 (ぶっぽうそうえん じょうらくがーじょう)

朝念観世音 暮念観世音 (ちょうねん かんぜーおん ぼーねん かんぜおん)

念念従心起 念念不離心 (ねんねんじゅうしんきー ねんねんふーりーしん)


この「延命十句観音経」は命を延ばすといわれています。

江戸時代に白隠(はくいん)禅師という臨済宗のお坊さんが、
北野天神の神様に、
「このお経を広めて多くの人を苦難から救い出してほしい」
と頼まれたことから始まったそうです。

白隠禅師は「延命十句観音経霊験記」という本を書いていて、
この中にはお経を唱えて救われた人々の体験談が数多く集められています。

現代でも、医者が見放したような病気の方のために
家族の方が何千回、何万回と唱えられて
その病気が消滅してしまったという話が実際に数多くあるそうです。

「三千回唱えたあたりで消滅する。
 残り七千回をお礼と今後の健康のために唱え一万回が標準である」
とおっしゃる方もいます。

健康な方でも、一万回唱えると不思議な境地を得て、
物事が驚くほど無理なくスムースに流れるようになる、
苦しみが消えていくと説明する方もいるそうです。


下記のページに詳しいことが書かれていますので、
ご興味のある方は、ご参考にされてください。
 ↓ ↓ ↓
延命十句観音経の奇跡の効果



プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ