FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

糸が出たり、ステロイド離脱症状など

1996年(34歳)

ストーマ(人工肛門)ではありますが、自然肛門も残っているので、
そちらの方からも粘液がたくさん出るのが、けっこう大変でした。

T病院に入院していたときに、看護師さんが、とても親身になって
「どうしたらいいだろうね~」と、あれこれ考えてくれて、
「試しに、湯タンポでお腹を温めてみたら?」
と提案してくれたのですが、、、
やってみたら、お腹の活動が異様に活発になってしまい、
残念ながら、逆効果でした。。

粘液が漏れるので、尿取りパットを当てていたのですが、
あるとき、「オヤ?」と気付いたのは、
粘液が出るときは、いつも一緒に、黒い物体?も出てくるのです。

「何だろう???」と思って、それを良く見てみると、、、
それは、なんと、糸の「結び目」でした。
その「結び目」が、毎回、1~3個ずつ出続けて、全部合計すると
30個くらいは出たと思います。

糸の結び目は、肛門だけではなく、腹部の傷からも、出てきてました。
傷の治りが悪い部分があって、ジグジグして盛り上がってきたので、
バイ菌が入って化膿したのかな?と思っていたのですが、
日に日に、中から黒いものが現われてきたので、恐る恐るピンセットで
引っ張ってみたら、なんと、糸だったので、かなり驚きました。

それも、数回ありました。
自然にポロッと取れたこともありましたが、見えているのに、なかなか
取れなくて、外来でS先生に、ピンセットを傷口に突っ込まれて、
グリグリかきまわして、引っぱり出してもらったこともあります。

手術でお腹の中を縫合するときは、溶ける糸を使っているので、
普通は糸が出てくることなないのですが、どうやらマヤの場合は、
縫合に使った糸が体質的に合わなかったらしく、数か月にわたって、
糸の結び目が、肛門とお腹の傷から出続けたのです。

糸がみんな出てしまうと、自然肛門からの粘液も急激に解消し、
いつまでも治らなかった腹部の傷も、すっかりキレイになりました。

人間の身体の、異物を排出する仕組みって凄いものですね~


あと、大学病院に入院していたころから、ずっとなのですが、
朝起きた時、手の関節がとてもこわばるので、T病院の整形外来で、
リウマチの検査をしてもらいましたが、RAの結果はマイナスでした。
(リウマチはないけど、腱鞘炎の気はあるね~と言われましたが・・・)

後になって、ふと気づいたのですが、長年にわたって飲み続けていた
ステロイドを止めたため、軽いステロイド離脱症候群で、そのような
症状が出たのではないかと思います。

大学病院での大腸全摘出の術後、若い先生が毎日、点滴の中に
注射器でステロイドを追加しに来てくれるのですが、
その量が、どんどん減っていくのを見るのは、本当に嬉しかったです。

ステロイドと完全に縁を切れたことを思うと、関節のこわばりくらい、
何てことないですね。
そのこわばりも、数か月後には、すっかり良くなりました。


▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ