FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

細くなった自然肛門を切開手術

2001年(39歳)

ストーマクローズのオペ後はイレウスになることもなく、
すぐにガスが出ました。
ガスというか、、、、
すでに、液体の便(つまり下痢)が止まらない。。。

下痢とは言っても、腹痛とかはないので、ただひたすら
トイレ通いが忙しいだけなんですが、、、
その忙しさったら半端じゃありません。。。


食事を取れるようになったら、食べたと同時に腸が活動して、
トイレに行きたくなるので、いつも、お行儀悪いけど、
食事の最中にトイレへ直行^^;

ところが、、、どうも出るに出なくて、今度は、また別の
おなかの痛さが襲ってくるようになりました。。。


結局、手術後5年間も肛門を使っていなかったので、
回腸嚢(Jポーチ)と肛門管の吻合部が瘢痕拘縮のために
すっかり細くなってしまって、人差し指も通らないような状態に
なっているとのことでした。

先生が言うには、ストーマクローズのオペの時に、
肛門も切開して拡げようかと思ったけど、下痢との兼ね合いも
あるので、様子をみることにしたとのこと。

でも、いつまでも様子をみられても、お腹痛いだけなので
サッサと切開しちゃってください、ってことで、吻合部の切開を
してもらうことにしました。


切開手術は下半身だけの麻酔だったので、オペの様子はすべて
まるわかりでした。話の内容とか、お腹の押されるような感じ、
しかも、横にはガラス張りの棚があったので、横向きに寝ていた
マヤには、そこに先生方の動きなどが映ってよく見えました。

オペ前の処置では、水様便だからということで、浣腸しないで
やってくれたのですが、トイレにこもっても、出そうで出ない、、、

でも時間切れになったので、仕方なくスッキリしない状態で
オペに臨んだところ、、、

やっぱり便がいっぱいたまっていたようで、、、、
腸洗浄に30分、オペ自体は5分ほど、というありさまでした(汗)

※出そうで出ないときは、ウォッシュレットの水を肛門に
入れるようにして刺激すれば、スッキリ出せるってことを、
後になって知りました。もっと早くに知っていれば、、と、残念。。


切開手術が終わったとき、S先生が
「人差し指が入らなかったのを、親指が入るくらいに拡げたから」
と、血まみれの手袋で説明してくれました。

ま、血は見慣れてるからいいんですけど、、、
でも、けっこう生々しかった。。。


▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ