FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

人は病気では死なない

2004年(42歳)

マヤが転移性肝臓癌になった当時、まだインターネットが普及して
間もないころでしたが、その頃の国立がんセンターのサイトには、
症例ごとの5年生存率などが掲載されていました。

そこで、マヤの症例を調べると、
「肝臓に複数個の転移・再発があって5年生存した例はない」と
書かれていました。
やっぱりそうか、、、と思う反面、じゃあ、私がその最初の例になる!
という自信もありました。

ガンが完治したのは、私の場合は、腕の良いS先生の手術と、
ハスミワクチンのおかげ。それと、環境が変わり、ストレスがなくなったこと
などではないかと思っています。
ストレスは、すべての病の原因とも言えますが、特にガンやUCの場合、
ストレスの影響はとても大きいような気がします。


それから、「イワシの頭も信心から」と言われるように、思い込みも大事。
マヤの場合、ハスミワクチンを自分で注射しながら、そのたびに、
「あぁ~、これでまた寿命が5日延びた。。。」
と強くイメージしていました。
というか、実際に、そう確信していたのです。
別にハスミワクチンでなくても、自分が心から信じられるものなら、
何でも良いのです。

逆に、「まだ悪くならないんだよね」、、、みたいなこと言う人いますが、
それは、悪くなることを願っていることになり、
その願いが叶ってしまいます。

マイナスの波動を発すると、マイナスの現象が起こるので(類は友を呼ぶ)、
絶対マイナスなことは考えない、寄せ付けないように、頭カラッポにして、
お笑い番組見て笑いましょう♪


あと、マヤは、自分の好きなことに没頭しました。
それができた環境には、本当に感謝です。

寝込んでいても起きていても、痛いのには変わりない時なんかは、
起きて、パソコンに没頭したりして、
とにかく、病気のことは考えないようにしました。


それに、ノー天気なマヤの場合、死ぬなんてこと、さっぱり現実味を
おびて考えられない性格。入院生活もまた楽し♪って感じだったのが、
よかったのかもしれません。

実際、入院生活は、日常では経験できない、非現実の世界で、
何もかもが初めての体験で、超エキサイティング♪
戦友(闘病仲間)もできて、楽しかったです。
入院慣れしすぎちゃって、病院が第2の故郷みたいにも思えたり(笑)


なんだかんだと言っても、結局は、まだ寿命があったんですね。
人は、病気では死ぬのではなくて、寿命で死ぬんだそうです。
どうやら、マヤの場合は、人生修業、そして、この世での役目が
まだ残っていたようなので、寿命が尽きるまで頑張り続けます。


大学病院の窓は、少ししか開かないようになっていました。
なぜなら、頭が入らない幅になっているんだそうです。

ところが、がんセンターの窓は全開できるタイプの普通の窓。
私のオペの日にも上の階から人が降ってきて、窓際でそれを
目撃した人がパニックになっていました。
でも、よくあることなんだそうです。。。

ガンで死の宣告をされたとして、どうして、わざわざ自分から
死ななければいけないのでしょう?黙っていても死ねるのに。

人間、早かれ遅かれ必ず死ぬんだし、ガンみたいに覚悟して
身辺整理して死ねる病気はいいよね、と、マヤはそう思って、
運命に身をゆだねてきました。

死がすべての終わりだと思ってしまうと絶望的になりますが、
魂は不滅、来世へのステップアップのための学びだと思うと
この世に不幸はないんだなと思えます。
苦労すればしただけ、魂のレベルは向上しますから。


何だか最後はスピリチュアルな話になってしまいましたが
ここまで長い文章にお付き合いくださった方には、
心より感謝いたします。

あなたとあなたのまわりの大切な方達、そして人類すべてに
平和と幸せと健康がもたらされますことをお祈りしています。

本当に、ありがとうございました。


▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ