FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

心嚢炎(心膜炎)になる

1976年(14歳)

マヤは、もともと食が細い上に、病院で出る食事がアレルギー食だったし、
嫌いなものも多かったので、相変わらず栄養失調気味。
(食事のメニューは、病院食にしては良い方だったんだけど)

それでも、まあまあ安定した状態で、中学2年になったころ、
そろそろ退院しましょうかという話も出始めていました。


養護学校では、学級委員や、色々な役員なども引き受けるようになって
あれこれ活躍していたのですが、何でもやりたい出たがり屋なくせに
ストレスにはめっちゃ弱いという性格。

たくさんの仕事を抱え込んでいくうちに、案の定、ストレスが溜まりまくって
しだいに体調が悪くなってきました。

関節炎(右股関節と左の膝)が悪化して、車イスで通学するような状態に
なっていたのですが、さらに、胸が苦しくて、横になって寝られないほどに
なってきました。

主治医は、最初にレントゲン撮った時は所見がなくてわからなかったけど、
しばらくして、ますます苦しくなってきたとき、急に気がついたように
再度レントゲンを撮ったところ、心臓が2倍くらいに肥大していたのです。

心嚢炎(しんのうえん)、または、心膜炎ともいわれる病気で、
心臓と心臓を包む膜の間に水が溜まる病気です。

とにかく息ができなくて苦しい、横になるとますます息ができないので
夜も座ったまま寝るしかありませんでした。

治療は、副腎皮質ステロイド剤を点滴で24時間投与。
最悪は、針などで直接溜まった水を抜くことになるそうですが、
薬だけで無事に、おしっこがたくさん出て、急激に回復しました。

ステロイドって、副作用も強いかわり、本当に劇的に効く薬ですね。
おかげで、潰瘍性大腸炎の方の状態も、とても良くなりましたが、
顔もパンパン、ムーンフェイスもしっかり復活です。

1週間ほどで心臓に溜まった水もなくなり、ステロイド投与も終了。
顔も、ほどなく元に戻りましたが、UCの症状も、また元どおり。。


そんなこともあって、退院予定もすっかり延期となってしまい、
結局、中学卒業まで、4年間もの長い入院生活を送ったのでした。


私が退院してからは、病院では方針を変えて、長期入院はさせず
出来るだけ早くに退院させるようになったそうです。


▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ