FC2ブログ
スポンサードリンク


| はじめにお読みください |  病 歴  |  プロフィール |

過労とストレスで肛門周囲膿瘍に

1987年(26歳)

マヤの大学は文系でしたが、卒業後は手に職をつけたくて、
コンピュータープログラマーとしてソフト開発会社に就職しました。
そのころの新聞の求人欄にはいつも「SE・プログラマー募集」
と出ていて、当時は花形的職業ともいえる憧れの仕事でした。

でも、その一見頭脳労働のようにみえるカッコイイ仕事が、
実は、とんでもなく過酷な、肉体労働の世界だったのです。。。

肉体労働といっても、身体を使っての重労働ではないけれど、
単純作業も多く、作業量が膨大で体力勝負的な仕事だったので、
マヤたちは、自分の仕事内容を「ちから仕事」と呼んでいました。
毎日、夜11時くらいまで残業したり、出向や派遣も多く、
長期出張も、いつものことでした。

ホテル住まいの長期出張中は、ホテルの朝ごはんが出る前に
出勤しなければならず、夜も、ケンタッキーなどで済ませました。
といっても、田舎だったので、仕事が終わってからでは、お店が
開いていないため(コンビニも今みたいにない時代だった)、
昼休みに買っておいた、ケンタッキーを、夜とか朝に食べる。
冷めたポテトのまずさが、虚しさを一層引き立ててくれたものです。。

そんな生活で、肉体的疲労と精神的ストレスもピークだった
長期出張中のある日、マヤは、肛門に違和感を感じました。
どうもシコリのようなものがある、、痛い、、、日に日に痛くなる、、、
そして、歩くのも大変なくらい、痛くなってきました。

とにかく痛くて座っていられないので、仕事も上の空。
でも、切れ痔やイボ痔とは違って、肛門の横が腫れているけど、
排便時はそれほど痛くないので、何だかよくわからず、
「これって痔? それとも、バイ菌でも入って化膿した?」
って感じでしたが、これが肛門周囲膿瘍なんだということが、
後からわかりました。

出張から戻って、かかりつけの内科へ行ったら、
「外科を紹介するから、切開して排膿してもらうように」
とのことでしたが、一晩寝て、次の朝、目が覚めたら、、、
ウソみたいに全然痛くない!!??

アレ???と思ったら、なんと、大量の膿が出ていました。
(汚い話ですが、下着からあふれそうなくらいでビックリ・・・)

排膿してしまうと、ウソのように楽になるんですね。
それで、切開してもらわずにすみましたが、
その後は、痔ろうになってしまい、少し疲れるとすぐに
同じところが腫れてくるというのが習慣化してしまいました。
そのうち、腫れる場所も、2~3か所に増えてきました。

痔ろうって、繰り返しているうちに、膿の通り道が
どんどん複雑になって、手術しないと治らないんですよね。。


そんなあたりから、また、UCの方も連動して調子が悪くなり、
ステロイドを服用するようになり、それ以来、ずっと離脱できない
状況になってしまいました。
プレドニン20ミリも飲めば、すっかり良くなるけれど、
どうしても、15ミリ以下にはできないといった具合です。

でもまあ、そのくらいなら、副作用もさほど気にならなかったので
そのまま延々と何年も、ステロイドに頼る生活を送り続けました。

仕事をしている限り、ストレスは溜まる一方なので、
ステロイド離脱は無理だな、、、と、ほとんど諦めの世界。
少量服用していれば、身体も楽なので、まぁ、仕方ないね、、
という感じでした。


▼他の病気ブログを見てみる▼
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

*マヤ*

Author:*マヤ*
マヤのブログへようこそ!
はじめにお読みください
病 歴 (年表)
プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ